バリテインの副作用で癌といわれるのは理由がある

バリテインをはじめとする精力サプリは癌になりやすい成分が入っているのか?
とんでもない話がでているのでちょっと調べてみました。

誰でも毎日約5000個のがん細胞が体内で作られています。がん細胞は心配しなくても体内で毎日毎日発生しているのです。サプリを飲んだからできるというわけではありません。

例えば、バリテインにはクラチャイダムという成分が含まれているため、逆に癌予防の効果があると思いませんか?

人間の免疫NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が毎日発生するがん細胞を駆除しています。
免疫力をあげることが、がん予防にとって大事なこと。

免疫力をあげるにはストレスを減らし体の体温をあげて新陳代謝をあげること、つまり健康な体つくりが一番いいのです。

精力サプリを飲むことによって血行促進など多くの体内の働きを良くするため、健康になれば癌だけでなく病気にもなりにくくなるというメリットがあります。

バリテインを飲んでびっくりな結果

せっかく購入した精力サプリなら最低3ヶ月は続けたいもの

ネットで調べてみても次のような結果が多く、実際に効果があったという声があります。
[deco_bg image=”metal3″] [icon image=”check3-r”]1ヶ月目
朝立ちがたくましくなってきた
勃起力の時間が持続するようになった

[icon image=”check3-r”]3ヶ月目
段々と大きくなってくるのが楽しみに
[/deco_bg]